栃木県宇都宮市|一般歯科|小児歯科|予防歯科|矯正歯科|

028-656-8288

小児歯科治療

小児歯科治療

小児歯科治療

子供の頃の乳歯や生えて間もない永久歯は、大人の歯よりも弱く、虫歯になるとすぐに進行してしまいます。
小児期は成長発育の面から最も注意してあげなければならない時期です。

お子様の歯の治療は、まずは医院に慣れることからはじめ、治療に少しずつ慣れていくようにゆっくりと、丈夫で良い歯に育つように治療を進めていきます。

当院では、お子さんの成長に合わせて、歯質を強くするフッ素塗布、虫歯になりやすい奥歯に塗布する行いをしたり、併せて、お子さんの歯肉の状態を見ながら健康な歯肉を目標に行っていきます。

また、歯の並びが心配なお子様には、矯正歯科治療の無料相談も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

矯正歯科治療

矯正歯科治療

矯正歯科治療とは、悪い歯並びや噛み合わせを改善し、きちんと噛み合うきれいな歯並びにする治療です。歯の並びを整えることは、審美的な面のみでなく、ブラッシング(歯磨き)がしやすくなり、結果、むし歯や歯周病の予防に大きな効果があります。

当院では月に一度、専門の矯正医が治療にあたっております。
無料相談を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

マタニティ歯科

マタニティ歯科

生まれたばかりの赤ちゃんは、お口の中にむし歯や歯周病の原因となる菌は持っていません。しかし、ご両親や周囲の大人などから、むし歯菌や歯周病菌が感染ってしまうことが最も多いと言われています。

また、妊婦さんが歯周病をもっていると、早産、流産、低体重児のリスクが高くなるといわれています。よって、安全な出産やお子様の健康のためにも、妊娠中からお口のケア、治療を進めましょう。お母様、赤ちゃんのためにも、マイナス1歳からの虫歯、・歯周病予防が必要です。

妊娠中の場合は、歯の検診および治療は5~7か月の安定期が最適です。また、妊娠中期になると、胎児が胎盤により安定し、つわりも落ち着いてきますので、この時期には、ご自身でお口のケアを行いつつ、必要な場合は、歯科医院にてむし歯・歯周病の治療を進めるようにしていましょう。

マタニティ歯科さらには、出産後は子育てでなかなか時間が確保できずに、歯の治療のタイミングを失ってしまいがちです。
できるだけ、つらい思いをなさらないよう、安心して育児に専念できるように、できるだけ胎児や母体への影響を考慮しながらケアさせていただきます。
また双子を含め3人の子育て経験のある同じ母親として、お気軽に相談ください。