栃木県宇都宮市|一般歯科|小児歯科|予防歯科|矯正歯科|

028-656-8288

一般歯科・小児歯科

一般歯科・小児歯科

一般的な虫歯は、段階があります。

C0~C4までの各段階で、治療の方法が異なりますので、できるだけ速やかに治療ができ、進行しないような歯科治療がとても重要です。

また、できるだけ神経を抜かないよう、できるだけご自身の歯を残すような治療ができるよう、定期的に歯科医院に通っていただく事が、一番重要だと考えています。

C0の段階

虫歯は歯の表面からカルシウム等の無機成分が溶け出すことから始まります。少し無機成分が溶かされ始めている状態。自覚症状はほとんどありません。予防すれば悪化が十分防げます。

《治療方法》
フッ素塗布やブラッシング指導、歯の検診をすすめています。

C1の段階

歯のいちばん固い外側の部分であるエナメル質が細菌に溶かされはじめますが、エナメル質に限局されています。自覚症状はありません。この時の治療は痛みも無く、乳歯の場合は虫歯の進行を止める薬だけ塗れば良いほどの簡単な治療になる場合もあります。

《治療方法》
この段階では、削ったりすることはありません。定期的メンテナンスで様子をみて、ブラッシング指導などを行います。乳歯の場合は、薬を塗るだけの場合もあります。

C2の段階

細菌が象牙質にまで達しています。穴があき、黒っぽくなり、冷たい物や甘い物がしみたりします。できるだけこの時期までは治療をすませることが大事です。

《治療方法》
C2くらいから削ったりします。この段階では、痛みがおこらないので早期発見・早期治療が大事です。
虫歯の部分だけを削って、つめものをするか、かぶせものをしたりします。

C3の段階

大きな穴があき、神経(歯髄)に虫歯が達し痛みがひどくなります。この段階まで進むと、歯の神経をとる必要がでてしまいます。神経をとるのに痛みを伴います。

《治療方法》
神経をとったり、残った歯の根を利用して芯を立て、その上に冠をかぶせる治療をします。

C4の段階

C4は抜去歯の状態のことです。神経をとってしまった歯は、血液が行き渡らなくなりますので、抜かざるを得ない状態になってしまいます。

《治療方法》
抜歯が適応になります。ブリッジ、義歯やインプラント治療など。